Welcome

お知らせ

2020-01-23 01:37:00
S__32342031.jpg

足腰を鍛える
トレーニングその1

馬歩(まほ)

中国武術から取り入れた鍛錬方法
全ての基本は、足腰の強さからなるものです。

粘りのある強靭な足腰の鍛錬は、突きと蹴りの
威力を増進します。

目的
足腰を鍛えるため
低い姿勢で動けるようにするため(選択の幅、動きの自由度を増やす)
重心を低くすることによる土台の安定と強さを知るため

方法は

太腿が水平になるくらい、しっかり腰をおろす

膝がつま先より前に出ないように。腰を低くするならお尻を後ろへ出してカカトに座り、手を前に出すとバランスがとれる

本来は、壁に持たれず背筋を伸ばして重心をさげるのですが、初歩は、壁に持たれて、まっすぐの姿勢を
保つところからはじめる。

これを最初は、一分なれたら五分まで
できるように鍛錬する

写真は、五分間やっています。
三分過ぎたころから足腰は、震えキツくて
😭が出るくらい辛いけど

この鍛錬の賜物で劇的に突きと蹴りが
数倍パワーアップする!