Welcome

お知らせ

2018-11-11 00:02:00

🇸🇳セネガルの方が空手の体験教室に参加されました。

神戸教室は、時々外国の方が見学に訪れます。

来年の3月17日には、いよいよ、

福岡で世界大会が開催されます。

https://karate-tezuka.net/2019_world/

参加してくださったのは、神戸に5年間在住

祖国セネガルから遠い異国の地で

頑張っているウダイさん。空手の稽古を体験されまし 

たが二メートル以上ある長身とずば抜けた身体能力を

兼ね備えている方でした。

挨拶の基本から始まり、様々な文化、価値観、思想

があれど、極真という道場の中では大山総裁の基本理念である

「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

また、謙譲の美徳など。テコンドーで有段者であれど

白帯からスタートとなります。日本では当たり前の事

ですが戸惑っていました。『自分は、テコンドーの

先生をセネガルでしていました。どの位で

ブラックベルトを貰えるのか』と。

テコンドーで先生をされていたとしても

『白帯から始まり、一生懸命頑張って

5年から10年黒帯習得までかかります』と

お答えしました。かなり驚かれていましたが

それでも習ってみたいとの事でした。

空手を通じて心や精神も備わっていかなければ

なりません。

武道には、『武ブ』と『道ドウ』があります。

道とは、人の道、技術や競技上の強さだけではなく、

人としての道、精神的な鍛錬も含まれています。

心技体全てが備わってこそ武道。

日本独特の文化ですが、そこには一貫した

真っ直ぐな精神があります。

今や世空手の競技人口は日本だけでも約300万人、
世界では約7,000万人と言われています。

柔道人口が日本で約15万人だそうです。

それぐらい空手は、世界の人々を魅了しています。

世界を魅了する空手を習ってみては、

いかがでしょうか?