Welcome

お知らせ

2018-05-28 01:35:00

極真空手の稽古を続けると自信がついて生活姿勢に変化が現れます。当教室でも不登校児だった子供が空手を初めて一月もしないのに学校にも行くようになり、自信も付いてきているようです。何故自信が付くかというと、極真空手は、稽古が厳しいからです。

 

それはただ、先生が厳しいのではなく稽古そのものが、厳しくそしてハードだからです稽古も深まればそこに痛みや怖さも経験します。稽古を重ねて行くうちに子供たちも我知らず、継続する力、乗り越えようとする力が備わるようになるのです。そして、稽古を終えた時の達成感や

 

足感そして自分に対して誇る気持ちが回数を増す毎に大きくなるのです。

 

なので、空手を続けている以上は、学校生活もそしてしんどいことも乗り越えられるようになっているのです。空手を毎週続けて稽古できるということ自体が毎回、自分自身に打ち勝っているということなのです。

 

そこで、私の立場はいかに、辞めたくならないような稽古を子供たちに提供できるかが課題となってくるのです。挫折させない稽古、楽しい稽古、でもけじめをつけて、心と体と技を身につけてもらう稽古これが私たち指導者の大きな役割といえるのです。それは空手を教えている

 

以上ずーっと探求していく必要があります。今はとにかく型にはめずに自信を持たせてあげるというのがテーマです。空手の型、動作は沢山あります。難しい動作がほとんどです。でもそのできない動作を初めからガンガンさせて、挫折させるのではなく、まずは、できることから探し

 

てあげて、できるところを伸ばして自信をつけさせてから難しいことに挑戦させていこうと思います。必ず、一つ位はどんな子にもここは、上手だなっていう所があるんです。例えば、突き(パンチ)がうまいと思ったらそれを先ず、徹底的に教えてあげて伸ばしてあげるのです。

 

そうするともし、蹴りが苦手でも突きに自信ができてくると人間は欲がでて蹴りもできるようになりたいという向上心が生まれてくるのです。そうして、蹴りの次は型と難しい技も自ら挑戦するようになるのです。

 

自分にはこれとこれができるから、必ず今の難しい所を乗り越えたい!!という思いにさせて一つ一つ習得させてあげたいと思っています。こういうことが、継続して自信をもたせてあげる方法だと思っています。

 

S__5767170.jpgS__5767171.jpg


2018-05-24 22:26:00

世界で注目される非認知的能力

東京県本部長から

教えて頂いた事で「なるほど!」

と思った事があるのでここに書き留める事にします。

上記にも書いた通り、教育界の中でも

これから重要視していくのは、子供の認知的能力だけを見るのでなく非認知的能力も見て育てていくとう
ことです。

認知的能力とは、勉強ができるIQなどで測れる
能力の事です。

それに対して、非認知的能力とは、例えば、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、

感情をコントロールする力などでを指すそうです。

極真空手や武道は、正にこの非認知的能力を育てるには、最も適した方法だといえます。

勿論文武両道、勉強もできるに越したことはありませんが、やはりバランスが大切だと思います。

勉強は、できるけど、精神が脆い子、対話の出来ない子、最近では、ゲームやスマホ依存の子など

便利な恵沢を受けている反面深刻な問題もあります。

空手はまず、先生や先輩に挨拶する
というところから始まり、礼儀作法とまた、

私の教室では、心の教育、生徒との対話を重視します。そこで、人間関係の構築、仲間の輪を大切にしていく事を学んでもらいます。

目標に向かって頑張る力。
これも、空手を続けいくと昇級昇段審査
や大会などで、自分の殻を破り、超えて

行こうとする力が自然と身につくようになります。

そこには当然、痛い、辛い怖いという事も
ありますが、空手には、目に見えて自分の

上達が、技になって、また強さになって

感じますし、心に余裕ができて、肝も座ってきます。
なので、感情のコントロールも当然備わってきます。

ここで述べているのは、心の教育が前提での話です。
この心構えをはじめに持って稽古に挑む事です。

当教室で徹底的に説いている事。

一つ、感謝の心を忘れない。
先ず自分の原点である親に感謝しなさい。

一つ、他の為に生きる自分になりなさい。

一つ、優しい人になりなさい。
そのために強くなりなさい。

この三つを実践していきながら空手の
稽古に入ります。

空手でどんなに組手が強くても技が上手くても
それだけでは、何にもなりません。

空手は、子供達が将来様々な分野で活躍する
事が出来る為の手段です。

空手でチャンピオンになる弟子だけでなく

空手を通じて様々な分野でチャンピオンに
なる弟子を育てていきたいです。

空手で学んだ粘り強さで、営業で一番になった。

空手で培った、キック力でプロのサッカー選手になった。

など、子供達の人格形成の基礎になる

それこそ、非認知的能力を啓発していく
教室になれるようにと考えております。

最後に自分の息子が今小学校3年生です。

2年生の時、ある事がきっかけで一年間
登校拒否になりました。

一時は、本当にどうなるかわかりませんでしたが

学校の教育委員会や学校の校長先生や周りの先生方、お爺ちゃんお婆ちゃんのお陰で、なんとか、3年生から

学校に通うようになりました。

今回、極真空手の教室を開くにあたり、息子が率先して自分も空手を習いたいと申し出てきて、稽古の

ある金曜日と日曜日それから夜一時間ほぼ毎日

もっと空手を教えて欲しいと近くの公園で
トレーニングをしています。

一つの型や技を覚える度に目を輝かせています。

だからこそ、もし不登校なお子様、また

最近鬱や引きこもりのお子様がいらっしゃいましたら

是非、空手の無料教室に来てください。

どうせ学校行けないのなら空手で汗を流して

発散させましょう。大歓迎です!

息子がみるみる変わっていく姿をみて

実感していおります。

空手は、子供の非認知的能力を高めるには

最高だと。

S__5595148.jpg


2018-05-21 01:58:00

 

5月20日日曜日

第四回目の稽古が行われました。

今日は息子と娘との稽古となりました。

基本稽古

S__5595139.jpg

突き、受け、蹴りの32種類

普段ならこれを20分以内には、終えるのですが

全くの初心者に一つ一つ、動作を教えるというのは、

当たり前の事ですが途方もなく根気と忍耐が

必要です。それ以上にそれを学ぶ子供達もまた、

根気と忍耐が必要で、慣れない動作に

体がついていかず、悔しくて涙流しながら
も動作を繰り返していました。

同時に自分自身の指導の未熟さに反省させられます。

いつもと同じ事だけでは、成長できず
出来なかった事、知らなかった事を知り

それを出来ないからといって、やらないので

終わらせるのではなく、始めていく所に
大きな成長、可能性が広がる事を学んで

くれたらと思います。

何事も楽しい事ばかりでなく先ず自分の限界を知る
所から修行がはじまる。

私においても同じ事ですが。


2018-05-19 01:39:00

5月18日金曜日

 

第三回目の稽古が行われました。

 

先週無料体験教室に参加してくださった、N君が入門しました。等教室で、2人目の入門者になります。娘と同じ小学2年生

 

スポーツ少年です。バランス感覚も柔軟性も優れていてかなり期待大です。

 

今日から本格的に空手の稽古少年部のスタートという事です。基本稽古の前に体幹トレーニングとラダートレーニングを

 

行います。体幹を鍛え、体幹トレーニングを通じて体に芯をしっかりと鍛えてあらゆるスポーツ格闘技に

 

必要な俊敏性・機敏性を養い基礎の体力を見につけるという事を重点に起きます。

 

子供は大人と違い可能性の宝庫です。子供の内から最新のトレーニング取り入れて行くことによって

 

空手のみならず、すべての競技に精通できるようなトレーニングを行うように心がけております。

 

それから、礼儀作法を中心とした、空手を学ぶにあたっての心の在り方も説きます。10分程あまり

 

長くなると子供には苦痛になるので・・・。

 

子供たちに説いた内容は。空手の修行を通じて

 

1つ優しい人になりなさい。

2つ他の人のために生きれるようになりまさい。

3つ感謝の気持ちを忘れない。

 

空手を学び強くなればなるほど優しくなくてならない。

 

友達と争いになっても絶対空手を使ってはならない。

 

空手の受けを使いなさい。

 

大山総裁のお言葉で「孝を原点とし他に益す。」という内容で、まずは自分を生んで命がけで

 

育ててくださる親を尊敬し感謝の心を忘れないその心でもって人の為にいきれる者となりなさい。

 

という内容です。等道場は勿論、実戦空手なので一撃で相手を倒す空手を追求しますが

 

それは、どこまでも己の弱さに打ち勝つための追求です。人格を形成する為の修行です。

 

心が伴わず幾ら、体を鍛え空手の技、技術を磨いて強くなっても意味がありません。

 

等教室は、モンスターを育てるつもりは毛頭ございません。

 

まずは、心、そして体最後に技です。競い合わなくてもいいです。

 

いくら強さを追求しても所詮ピストルやミサイルに上には人間など太刀打ちできません。

 

私は、空手の修行は、人格形成だと思っております。礼儀、優しさ、強さを兼ね備え

 

どんな環境にいってもリーダーシップを取れる人材になればと思います。

 

空手の修行は、忍耐と根気を大切です。挫折させずに、長く続けて行ける教室を目指して行きます。

S__18948098.jpg

 子供の運動神経を向上させるラダートレーニング

S__18939992.jpg 

   基本稽古

S__18939916.jpg

  最後は使わせていただいた施設に感謝を込めて掃除


2018-05-14 14:09:00
S__5423120.jpg

5/13日曜日
第二回目の稽古が行われました。

土砂降りの雨でしたが、雨にも負けず

滋賀から来てくださった生徒に感謝。

今日は、基本稽古 突き、受け、蹴りの

稽古を中心に行いました。

場所は、浜風集会所、とっても施設が

綺麗で毎週金曜と日曜に稽古場として

活用させて頂きます。

随時無料体験教室を実施していきますので

お気軽にお問い合わせ下さいませ。


1 2